メニュー

なかいち通信

ハリとお灸の話

㉙ 「インターバル速歩」のすすめ

世界が注目する日本発のウオーキングがあります。それが「インターバル速歩」です。

 

「何歳からでも始めることができ、しかも誰もが確実に運動能力を維持できる」という優れものです。

そのやり方です。

ややキツめの「速歩き」と「ゆっくり歩き」を3分間ずつ、交互に繰り返します。それを1日30分、週4回やります。これだけです。

5カ月間続けると、膝を曲げ伸ばす筋力や「最大酸素摂取量」がアップし、10歳分の体力を取り戻す(10歳若返る)とのことです。(『インターバル速歩で健康になる!』宝島社)信州大学の能勢博 医学部教授が、8700人のデータを集めて開発しました。

ポイントは「速歩き」です。

ゆっくり歩く時よりも、男で5㎝、女で3㎝歩幅を広げ、自分の最大歩行速度の7割程度、ややキツくなる速さでサッサカと歩きます。無理は禁物、自分のできる範囲で行います。

おすすめの効能は次の3つです。
足腰に筋肉がつき、インスリン感受性が向上し、空腹時血糖値の低下につながる。

足腰の血流が良くなり、膝や腰の痛みが軽減できる。

記憶を司る海馬の血流が増え、認知症のリスクが下がる。